カードローンの限度額

カードローンをはじめ、借り入れ可能な限度額は総額で年収の3分の1までとなっています。
これは総量規制といって、近年、借金を返せず複数の金融業者に借り入れを重ねてしまう多重債務等の問題が多くなったことから、返済困難になる程の金額を借り入れることがないように定められたもので、貸金業法にて施行されています。
そのため、カードローンなどを新しく利用する場合も、これまでの借入金額を申告し、その総額が年収の3分の1を超えない範囲でしか新たに借り入れできないこととなっています。
ただし、これには住宅ローンや自動車ローン等は含まれません。
だからといって、安易にカードローンを利用し、限度額いっぱい借り入れすることはお勧めできません。
総量規制では年収の3分の1としていますが、高額な借り入れをしている場合はその返済もあります。
さらに返済額が増えるということは生活が今よりも圧迫されることは間違いありません。
カードローンのみならず、借り入れの際にはまず返済計画を明確にしてから利用を検討する必要があるでしょう。
主婦の方は総量規制の成立で借入しすぎることが減ったかと思われますが、旦那さんの借入にも注意して見てあげると より返済の計画を練ることができるので安心です。