審査を受けるために必要な書類とは

専業主婦がカードローンに申し込みをする場合、カードローンの種類によって用意する書類も変わってきます。
本来カードローンを利用するには、借りたお金を返せるだけの収入がある事は大前提です。
つまり仕事を持たない専業主婦の場合は、収入が無いのでカードローンの利用はできないという事になってしまいます。
しかし専業主婦でもカードローンに申し込むことはできます。
方法は2つあります。

 

一つは配偶者貸付を利用する方法です。
妻には収入が無くても夫に収入があれば、配偶者貸付が可能になります。
この場合は、夫の収入証明書や住民票などが必要になりますが、夫の同意も必要です。
しかし中には夫にカードローンの利用をする事を知られたくないと考える人もいます。
この場合銀行系のカードローンがおすすめです。
銀行系のカードローンにも審査がありますが、専業主婦の申し込みも可能です。

 

ただし条件によっては利用不可となる可能性もあるので、申し込み前に申し込み条件をしっかり確認しておくといいと思います。
女性専用のカードローンもありますが、女性専用カードローンの場合は貸金業法に基づき営業している業者が多いので、専業主婦の場合は審査に通りにくい傾向となっています。
銀行系のカードローンの利用が可能となっても、あまり高い限度額は期待できません。
増額を希望する場合ですが銀行カードローンによっては増額ができます。
夫の収入証明書などは不要になるので夫に知られたくない人も安心です。
専業主婦本人の運転免許証や健康保険証、パスポートなどの身分証明書があれば申し込めます。